ボディメジャーは怪我をしないように安全な使い方を心掛けよう

ボディメジャーは怪我をしないように安全な使い方を心掛けよう

ボディメジャーは体のサイズを正確に測定することを目的に、作られたメジャーのことです。
1人で体のサイズを測ろうとしても腕まわりや胸囲などは測りづらく、通常のメジャーでは正確なサイズを測るのは難しいです。
ボディメジャーは片手で巻きながらフックを掛けることが出来たり、測定値がデジタル表示されて見やすかったりと簡単に測定が出来るように工夫されています。
ダイエットをしたい人や筋肉トレーニングで体を鍛えて、成果を確認したいという人にはおすすめです。
正確なサイズ測定に高い効果を発揮するボディメジャーですが、測定時に怪我をしないように使い方を守る必要があります。
機種によっては片手でロックがかかるものもあり、ロックをかける際に肌が傷つかないように注意が必要です。
また首周りなどを測る際には、きつくメジャーを閉めすぎないようにすることも大切です。
安全な使い方をして、正確なサイズを知り健康づくりに役立ててみてはどうですか。

家具の設計に必要な人体計測をボディメジャーで行う

普段使っている家具や機器は、設計の段階で人体計測を基にした数値を利用して設計寸法を導き出しています。
これによって収納やキッチンなどの、設計されたものを使いやすくすることが可能です。
人体計測には人体の寸法はもちろんのこと、関節の動作範囲や運動域までを含みます。
椅子やベッドなど体重がかかるものは、この計測の結果から体重分布条件を決定します。
人体計測の体格判定の基礎資料として使われる項目は身長、体重をはじめとして多岐にわたります。
しかし筋肉や皮膚などの柔らかい組織でできている部分となると、簡単に計測することができません。
ボディメジャーは腹囲を測定するための器具です。
測定のためのテープを腹囲に回し、テープの先を本体に差し込んで輪にして計るのでズレることを防げます。
デジタル式のボディメジャーを利用すれば、さらに正確な数値が期待できます。
家具などを使う場合、人は衣服を身に付けているため衣服をまとわないで計った数値は実用的ではありません。
ボディメジャーには、着衣測定ができるものもあります。

に関する情報サイト
ボディメジャーの雑学

このサイトではフィットネスに取り組んでいる方が常備していると便利なボディメジャーの雑学をご紹介しています。以前からトレーニングやダイエット、健康管理などで使用されているアイテムですが、近年ではその形状もアナログタイプからデジタルタイプへと進化を遂げています。正確に計測することで健康で魅力的なカラダ作りの現状把握はもちろん、モチベーションアップへの期待も。便利なサポートグッズの知識をお届けいたします。

Search